自動車保険 選び方 オススメ

自動車保険選びに困ったら読むブログ

日本では約20の自動車保険を提供している損保等があるので、具体的にその人にあった損保を紹介。

メニュー

自動車保険の無料ロードサービスは使える自動車保険の保険料は安くなっている自動車任意保険は1年更新自動車任意保険の必要性自動車任意保険を扱う損保で働いて10年

自動車保険の無料ロードサービスは使える

最近各損保が特に力を入れているのが自動車保険の無料ロードサービスです。

一昔前では考えられないようなロードサービスが無料で受けられるので、自動車保険加入者はかなり助かると思います。正直年間数千円払ってJAFに加入するメリットは年々、減っていることも確かです。

自動車保険会社の無料ロードサービスが充実してきているので、前まではよく見たJAFのステッカーを貼った車を最近は見なくなりましたよね?もちろんJAFに加入していてもステッカーを車に貼っていない人もいますが、確実にJAF加入者は減っています。

さてそんな自動車保険の無料ロードサービスを基準に保険会社を決める人もいるので、各損保は年々、利用条件を良くしています。

特にSBI損保などはすでにJAFと同レベル?並みの好条件で、さらに保険料も安いので契約者が増加しています。

さすが業界の異端児?というだけあって、他社がまねできないようなサービスをあっさり始めるのは凄いですね。我が社も見習ってほしいですが、なかなかできないんだと思います。

また基本的にロードサービスを利用しても等級には影響がないので、パンク、ガス欠、カギのとじ込み(最近は少ない)、事故で公共交通機関を利用する場合などは等級のことを考えなくて済むので、積極的に利用しましょう!

自動車保険の保険料は安くなっている

1月から4月は自動車保険を更新する人も増えるので、僕も1年で1番、忙しい時期です。

やはりこの時期は車を買ったり車を買い替える人が増えるので、必然的に自動車保険を更新したり、新規に自動車保険へ加入する人が増えるので、自動車保険会社、つまり損害保険会社は忙しんですよ。

さてニュースなどでも報道されているので知っている方も多いかもしれませんが、自動車保険の保険料が今年から少し値下がりすることとなりました。

これは損保が支払う保険金額が減少したことが大きな要因で、つまり自動車事故が年々、減少傾向にあるからです。

なぜ自動車事故が減っているのか?これは皆さんの想像通りで、自動ブレーキ、誤発進を防ぐ機能などが多くの車に搭載されてきているので、この効果が非常に高く、事故減少に一役買っているんです。

今後は数年以内には全ての車に自動ブレーキ機能が義務付けられる可能性が高くなってきているので、ますます、自動車事故が減少し、自動車保険の保険料も安くなることが予想されています。

ただ今後は自動運転技術を採用した車が販売されるようになれば、もし事故を起こした場合、自動車保険としてどのように扱うのか?などの問題もあるので、自動車保険の保険料がこのまま安くなっていくのか?自動運転技術を採用した車が販売されるときに高くなっていくのかは未知数です。

いずれにしても今後5年以内に自動車業界も色々な変化が起こると思いますので、楽しみでもありますし、不安でもありますね。

自動車任意保険は1年更新

自動車任意保険は基本的には1年更新制です。1年更新なんて面倒だな、出来れば2年、3年更新できれば良いのにと思う方もいるかもしれませんが、1年の間にも事故を起こしたり、免許証の色が変わったり、運転する人が増えたり減ったり、車を買い替えたり、色々自動車任意保険の保険料を算出する条件が変わるので、1年以上の更新はないんです。

もちろん契約中でも車を買い替えたりすれば保険会社へ連絡が必要で、車によって保険料が増減しますので、増減分の保険料を追加で払ったり、場合によっては保険料が安くなって返ってくることもあります。

いずれにしても1年で車の状況や乗る人の状況も変わってくるので、自動車任意保険は1年契約となっているんです。

さて年末になってこの時期に自動車任意保険の更新をする人は少なく、やはり車は1月~3月に買う方が圧倒的に多いので、自動車任意保険も1~3月に更新を迎える人が多いです。

ですので損害保険会社もこの時期に忙しくなり、さらに年度末、決算なども重なるので、正月休み明けから全力疾走で駆け抜けていかなければなりません。

今年も残すところあと少し、来年に向けてやり残したことを頑張りましょう!

自動車任意保険の必要性

自動車保険業界の裏側を話す前に、今回は自動車保険の必要性について話したいと思います。

自動車保険と言っても車を公道で走らすために必ず加入しなければならない自賠責保険と、自賠責保険では基本的に保障されない車の運転者、または同乗者、または車自体の保障を受けられる自動車任意保険があります。

一般的に自動車保険と言えば後者の自動車任意保険の事を指します。

自賠責保険は加入漏れがない限り基本的には100%近くの車が加入していますが、自動車任意保険の加入率は約80%ほどだと言われています。

つまり、事故を起こした際に、被害者の保障は最低限自賠責保険で払えても、自賠責保険以上の保障が必要になった場合は自動車任意保険から支払ってもらえますが、仮に自動車任意保険に加入していなければ自腹で支払うしかありませんが、実際問題、自腹で支払えるような金額ではないことのほうが圧倒的に多いのです。

ですので年間、数万円かかりますが、僕が損保で働いているから言うわけではありませんが、自動車任意保険への加入は絶対しておいたほうが良いです。

チョット今回は基本的でまじめな話をしましたが、次回からはもう少し突っ込んだお話ができればと思いますので、お楽しみに!

自動車任意保険を扱う損保で働いて10年

はじめまして。某損害保険会社で働いている達哉32歳、独身です!僕は大学卒業後、今の損保に入社し10年が経ちました。保険業界もこの10年で再編が進み、いつ自分の会社が他の保険会社と合併したり、飲み込まれるか不安な毎日を送っています。。

さてそんな保険業界ですが、特に私は自動車保険を担当している部署で働いているので、自動車任意保険についてはほぼ知り尽くしています。

もちろん僕が働いている損保の自動車任意保険に加入していただきたいのですが、僕が友人、知人に勧める際は僕の会社の自動車任意保険ではなく、他の自動車任意保険を勧めています(;^_^

なぜか?1番大きいのはやはり保険料です。自動車任意保険は損保によってかなり保険料に差がありますが、このことを知らずに大手と契約したり、親から勧められたものを何も考えず、調べもせず契約している人がなんと多いことか。。

さすがに僕は自分の会社の自動車任意保険に加入していますが、保険料の事を考えるなら安い損保を勧めています。

そもそも自動車任意保険なんて使うのは5年に1度くらいです。自動車で事故を起こしたりする確率なんてかなり低いので、そんなものに高い保険料を払うのはバカバカしいと思っています。

でも今の日本では車に乗る際には自動車任意保険に加入することが当たり前となっているので、仕方なく自動車任意保険に加入するなら保険料が安い損保を選択することが最低条件だと思います。

そこでこのブログで、自動車任意保険に加入する前に知っておきたいことや、保険料が安い損保のからくりなどを解説していきますので、少しでもお得に自動車任意保険に加入したい方は楽しみにしていただければと思います。

メニュー

自動車保険の無料ロードサービスは使える自動車保険の保険料は安くなっている自動車任意保険は1年更新自動車任意保険の必要性自動車任意保険を扱う損保で働いて10年


Copyright ©自動車保険選びに困ったら読むブログ All rights reserved.

ログイン